女性が自分らしくトレンドを楽しむ

ケナクス(KENAX)を解析!全成分や副作用を徹底調査!

Beauty
ケナクス(KENAX)は、5分間だけ塗ってムダ毛を抑毛することができる除毛クリームです。どのような効果が期待できるのか、副作用や敏感肌でも大丈夫か、全成分を紹介しながら分析します。

こんにちは。化粧品成分上級スペシャリストの追山です。今回の記事では、ケナクス(KENAX)がどのような効果が期待できるのか、分析していきたいと思います!

ケナクス(KENAX)の口コミ、リアルな体験談、デリーモ・ムーモとの比較などについても記事がありますので、詳しくは関連記事をご覧ください!

チオグリコール酸カルシウムの副作用は?

公式サイトにもあるように、ケナクス(KENAX)の有効成分はチオグリコール酸カルシウムです。この成分が配合されていることで、ムダ毛を除毛することができます。しかし、このチオグリコール酸カルシウムはケナクス(KENAX)の独自成分ではなく、市販の除毛剤によく配合されている成分です。チオグリコール酸カルシウムは医薬部外品のひとつとして、厚生労働省の認可を受けている成分なので危険性は低いと言えるでしょう。

ドラッグストアで購入できる除毛剤で人気の高い、敏感肌用のヴィート(Veet)除毛クリームにも、チオグリコール酸カルシウムは配合されています。敏感肌向けに作られた商品にも配合されているので「チオグリコール酸カルシウムに副作用はなく、安心なのでは?」と思う人もいるでしょう。しかし、チオグリコール酸カルシウムはタンパク質に働きかけるため、ムダ毛と同じタンパク質でできている肌にも影響を及ぼすことがあります。除毛剤はムダ毛だけに塗布することは出来ないため、肌が弱い人のなかには、使用後に肌が赤くなったりヒリヒリしてしまうこともあるようです。

チオグリコール酸カルシウムが配合されていない「ノイス(NOISU)」という除毛クリームも販売されていますが、こちらは顔専用の商品なので産毛などの細い毛には効果があっても、手足に生えているような比較的太めの毛には除毛効果は期待できないようです。

そこで、チオグリコール酸カルシウムの副作用を軽減するために重要なのが、保湿成分です。ケナクス(KENAX)にはどのような保湿成分が含まれているのか、見ていきましょう。

ケナクス(KENAX)の全成分を紹介

それでは先ほど説明したチオグリコール酸カルシウムの成分を踏まえて、今回取り上げるケナクス(KENAX)の全成分を見てみましょう!

有効成分:チオグリコール酸カルシウム
その他の成分:ヒオウギ抽出液レンゲソウエキスアマチャエキスキイチゴエキス、ローマカミツレエキス、アマチャヅルエキスダイズエキスユズセラミド加水分解シルク末ヒアルロン酸ナトリウム(2)コラーゲン・トリペプチド F 、セトステアリルアルコール、プロピレングリコール、流動パラフィン、ポリオキシエチレンセチルエーテル、パラフィン、水酸化ナトリウム、BG、グルコン酸ナトリウム、エタノール、無水エタノール、水、香料

保湿成分

全成分のうち、美容成分にオレンジ色をつけてみました。多くの美容成分が配合されていることが分かります。そのなかでも保湿成分はヒアルロン酸ナトリウム(2)をはじめ、ヒオウギ抽出液、レンゲソウエキス、アマチャエキス、キイチゴエキス、アマチャヅルエキス、ダイズエキス、ユズセラミド、加水分解シルク、コラーゲン・トリペプチド Fなどが配合されています。

特にヒアルロン酸は保湿成分の代表ともいえる成分で、スポンジが水を含むような驚異的な保水力を持っています。

肌あれ防止成分

ユズセラミドは植物から初めてのヒト角層セラミトに近い天然フルーツセラミドで高い保湿力があり、優れた肌あれ改善効果が期待できます。

ローマカミツレエキスは、フランスでは薬用植物として重宝され、消炎効果、抗菌効果、皮膚代謝促進効果があり、肌あれ防止に効果が期待できます。

抑毛効果は期待できる?

公式サイトではダイズエキスに含まれるイソフラボンには女性ホルモンのような働きが期待でき、抑毛効果があると記載されていますが、残念ながらイソフラボンを肌に直接塗ることで抑毛できるという科学的な根拠はありません。しかし、ダイズエキスには保湿効果や肌の状態を整えたる抗炎症作用の効果は期待できます。ムダ毛を処理した後の肌の状態を整えることを目的に配合されていると考えられます。

ケナクス(KENAX)は敏感肌でも大丈夫?

敏感肌や肌が弱い人、アレルギーの人は、除毛クリームを使用する前に注意が必要です。肌の状態によっては、除毛クリーム以外の除毛方法を選択したほうが良い場合もあります。それでも除毛クリームが使いたいという場合は、事前にパッチテスト(皮膚アレルギーの検査)を行うことをオススメします。

パッチテストのやり方は、10円玉ほどの量の除毛クリームを出し、二の腕の内側にぬります。10分間(ケナクス(KENAX)の公式ページに記載されている時間)待ってから水かぬるま湯で洗い流しましょう。クリームを塗ってから10分経過する前にヒリヒリしたり痛みがでた場合は、すぐに洗い流しましょう。それから24時間〜48時間後に様子を見ましょう。この流れでトラブルがなかった場合のみ、ケナクス(KENAX)を使用しましょう。

また、生理中や妊娠中はホルモンのバランスが崩れやすいため、いつもより肌が敏感になることが多いです。特に肌が敏感な人は、生理中を避けて除毛クリームを使うと良いでしょう。

ケナクス(KENAX)の評価は?

ケナクス(KENAX)は、多くの種類の保湿成分や肌あれ防止成分が配合されていることがわかりました。しかし、チオグリコール酸カルシウムは安全性には問題ないですが、アルカリ性の化学成分になるので肌に合わない人もいるでしょう。

ケナクス(KENAX)を使用する前にパッチテストを行うと良いでしょう。これまで問題なく除毛クリームを使用してきた人でも、その日の体調などでアレルギー反応を起こすこともあるため、毎回パッチテストをすることで肌荒れなどを起こすリスクを減らしましょう。

この記事のキーワード

Review

口コミ
ニックネーム
年齢
評価
コメント

コメントに関するガイドライン

SHARE

RANKING

人気記事ランキング
もっとみる
PAGE TOP
Copyright © HONEYbell All Rights Reserved.