女性が自分らしくトレンドを楽しむ

腰まわりのお肉すっきり!くびれを作るヨガのポーズ

Diet
お腹まわりは、服のサイズ選びにも影響が出る部分ですよね。洋服を着こしたいなら、憧れはくびれのあるウエスト!ぽっこりお腹をなんとかしたい人は、ウエストに効くヨガを始めてみませんか? 今回は、自宅で簡単にできるヨガポーズご紹介します。

腰まわりにお肉がつく原因

冬のコーデは身体のラインも出にくいし、ついつい油断してしまう季節ですよね。

うっかりしていると、ボトムスにお腹のお肉が乗っかっちゃう……なんてことに!
そうならないためにも、腰まわりの脂肪を撃退しなければなりません。
まずは腰まわりにお肉がつく原因を探ってみましょう。

カロリーの摂りすぎ

一般的に脂肪が付く原因は油分や糖分の取りすぎによるもの。
脂肪の多すぎる食事、間食ばかりで食事を取らないなど、偏った食生活をしていると代謝が悪くなるため、カロリーに関係なく脂肪を溜めこみやすい身体になってしまいます。

姿勢が悪い

姿勢が悪いと、腰回りの緊張感がなく、お腹から背中の腰回り全体に浮き輪のような脂肪が付いてきてしまいます
猫背や反り腰は、お腹に力が入っておらず、腰が落ちた状態になります。

基礎代謝の低下

基礎代謝は、年齢とともに低下してきます。
食事の量が変わらずとも、脂肪の燃焼ができにくくなっていくため、必然的に脂肪がつきやすくなってしまうのです。

冷えによるもの

体を冷やすと、基礎代謝の低下を招きます!
同じような生活環境、同じ年代・同じ体型の人でも、基礎体温が高い人と低い人では代謝の量が変わるので、体を冷やすのは避けましょう。
特に腰回りは冷えやすいので、注意が必要です。

ねじりのポーズ

ダイエットに効くポーズには、効果的なものがいろいろありますが、ウエストに効くと言われているのが『ねじりのポーズ』。
内臓を刺激してくれるので、デトックス機能もアップしますよ。

全身をまんべんなく鍛えてくれるので、続ければ疲れにくい身体をつくる効果も。

《Instagramからの投稿》

  1. 頭頂部からお尻まで、1本芯が通ってるのを意識する。
  2. その軸を中心に、吐きながらねじる。
  3. 背筋は上へ上へと意識する。上半身が傾かないように注意。
  4. 吐く呼吸とともに、後ろを振り返るような感じでねじっていく。

三角ポーズ

三角のポーズは、名前の通り、三角形になるヨガのポーズです。
このポーズは、腰のラインを美しくすることができ、内蔵も鍛えられますよ。
便秘解消、足腰の強化にもつながり、心身のともにとても良い効果があるでしょう。

《Instagramからの投稿》

  1. 足を大きく開き、右足のつま先を真横へ向ける。
  2. 両手を肩の高さに開き、上体と右手を右側へスライド。
  3. 背骨を真横に倒し、右手を右足へ置く。(倒しすぎなくても大丈夫)
  4. 左手と目線は天井へ向ける。
  5. 3呼吸キープしたら、逆サイドも行う。

あとがき

今回ご紹介したヨガのポーズは、スペースもいらないし、時間もかかりません。
自宅で気軽に始めることができ、自分のペースで取り組むことができます。

ヨガは、インナーマッスルが鍛えられ、表面上は筋肉質に見えないのに、引き締まってしなやかなラインを作ることができるんです。

お腹痩せに効果絶大なので、ヨガで気持ち良くダイエットしてみましょう♪

この記事のキーワード

SHARE

PAGE TOP
Copyright © HONEYbell All Rights Reserved.