女性が自分らしくトレンドを楽しむ

ヒップアップに効果のある座り方で垂れ尻にならない!

Diet
オフィスワークなど、座る機会が多いとお尻の形が崩れたり垂れてしまいそう……と気になる人も多いですよね。美意識の高い女性の間では、すでに実践されているヒップアップをしながら座る方法☆オフィスワークをしながら美しく座って垂れ尻にならないようにしましょう!

叶姉妹座り

叶姉妹が実践しているという「叶姉妹座り」。「ヒップの一番山の高い位置をつぶさないように座る」という方法です。実際にやってみると、慣れるまではすぐにヒップがま/っすぐになってしまい、きつく感じる人が多いかもしれません。

1. 太ももとヒップの中間部分にあたるところを、椅子の浅めのところにつける。 2. ヒップを後ろに突き出すようにし、ちょうど良いところで着地。 3. 重心をかけて座り、背筋をまっすぐにしながら座れば完成☆

叶姉妹座りのポイント

慣れるまではキープするのが意外と大変な叶姉妹座り。背筋を伸ばしながら座っているので、自然と姿勢もきれいになってウエストのたるみを改善してヒップアップもできちゃいます☆

座りながらも緊張感があるので、筋肉をキュッと引き締めているイメージ。慣れていないとヒップがまっすぐになりがちなので、いかにヒップを突き出す姿勢を保てるかがポイントになりそうですね!

椅子の座り方

椅子座るときは浅めに腰かけ、上半身を背もたれに寄りかかる「仙骨座り」。この座り方をしている人は多いと思いますが、仙骨座りは腰の骨が曲がって腰椎に負担がかかります。また、骨盤が後傾して開くだけではなく、腰を痛める原因にもなってしまいます。

ヒップにも負担がかかって垂れ尻になってしまうだけではなく、腰や骨盤にも負担をかけてしまいいいことがありません。そこでオススメなのが、お尻から背もたれにくっつくように深く座る「坐高(ざこう)座り」です!

背もたれに寄りかかるときは?

座っていると背もたれに寄りかかりたくなることがありますよね。背もたれによりかかるときも一工夫すれば、ヒップへの負担を軽減させることができちゃうんです☆

座るときは深く座り、お尻と背中をできるだけ椅子の奥の方にくっつけるようにして座りましょう。ペタッとくっつけてから寄りかかり過ぎないように腰に力を入れながら、脚にも力を入れるようにして膝小僧同士をくっつけるのを意識して座るようにしましょう。

坐高座り

仙骨座りに対し、骨盤を立てて座る坐高座り。坐高は骨盤の下にあるので、座ったときに椅子の正面に触れます。坐高が椅子の座面に当るように座り、背筋を伸ばすことで理想的な姿勢を保つことができます♪

1、椅子の真ん中より前に腰をかける。 2、右側のお尻の下に手を入れる。そのとき手に当たる部分が坐高。 3、手でお尻の肉をかきわけるようにして坐高を座面に当てる。 4、左側も同じようにして完成☆

床に直接座るとき

自宅では床に直接座ることも多いですよね。椅子ではなく床に直接座るときは、正座をして足の裏を重ねずにまっすぐし、背筋を伸ばすようにしましょう。

足の裏を重ねてしまうと、骨盤が後傾して左右に歪んでしまいます。また、お尻を床に直接つけるペタンコ座りは骨盤が歪むだけではなく、O脚の原因にもなるため注意しましょう!

ベーグルクッション

座るときによりヒップアップ効果を効率よくしてくれるアイテムもあります☆垂れ尻を防止してくれるベーグルクッションは折りたたんで枕や足置きにもなりますし、運転中の背もたれとして使用しても◎!

商品名 美尻美人 マイクロファイバー&メッシュタイプ
価格 980円(税込)

カラーバリエーションが豊富なだけではなく、マイクロファイバー素材とメッシュ素材があるので季節関係なく使用することができます。広げて座っているだけで坐高を中心に座った姿勢になるので姿勢もよくなりますし、ヒップアップになって一石二鳥ですね☆

最後に

くびれやダイエットに気を取られることが多いですが、お尻の形もとても重要ですよね!お尻がたるんでいるだけで後ろ姿が実年齢より老けて見える原因にもなってしまいますし、水着を着たときにも目立ちます。

ヒップアップはエクササイズなどで改善することもできますが、座り方を変えるだけでも自然とヒップアップができます☆座り方を気をつければ姿勢がきれいになったり、骨盤矯正やウエストのたるみにも効果があるので、ボディラインを整えられるのはうれしいですよね!

この記事のキーワード

SHARE

PAGE TOP
Copyright © HONEYbell All Rights Reserved.