女性が自分らしくトレンドを楽しむ

イエローでくすみカバー!プチプラ価格のコントロールカラー

Beauty
肌の「色ムラ」や乾燥になる「くすみ」って気になりますよね。カバーするにはイエローのコントロールカラーや下地がオススメ☆肌なじみがよく、使いやすいのが特徴。今回はイエローのコントロールカラーの特徴やプチプラ価格のものをご紹介します!

「イエロー」で色ムラとくすみをカバー

コントロールカラーは色の種類が豊富なため、どの色にしたらいいか迷ってしまう人もいますよね。そんな人にオススメなのが、イエローのコントロールカラーなんです!使用することで色ムラをなくしてフラットな肌にしてくれるだけではなく、健康的な肌色にしてくれる効果があります。

また、イエローは日本人になじみやすく、健康的に見せてくれたり素肌のような明るさにしてくれます。肌の色ムラだけではなく、乾燥ぐすみもカバーしてくれるのは嬉しいですよね!

小顔効果も期待できちゃう?!

部分的に使用することで、肌を明るくしてくれるイエローのコントロールカラー。イエローの場合は全体に塗っても肌を健康的に見せてくれる効果があるため、色ムラの度合いによって塗り分けるといいでしょう♪

肌の明るさに強弱をつけることで、顔を立体的に見せることができます。顔が立体的に見える方が、平面的なメイクをするよりも小顔効果があります☆小顔効果をさらにアップさせるには、イエローのコントロールカラーを使用した後にコンシーラーを使用し、ファンデーションを薄めにつけるのがポイントです!

イエロー系コントロールカラーはこんな人にオススメ♪

イエローのコントロールカラーは、シミやそばかすが気になる人にオススメです。色ムラを補整してくれたり、小鼻の軽い赤みをカバーしてくれるため、肌をフラットな状態にする効果があります。

また、日本人の肌色に合っていることから、トラブルがない肌にも馴染みやすく使いやすいのが特徴です。健康的な肌に見せたい人で、色選びに迷ったときはイエローを選べば失敗しません♪しかし、もともと黄色が強い「黄み肌」さんの場合は、イエローのコントロールカラーを避けた方がいいでしょう。

イエロー系コントロールカラーの使い方

コントロールカラーは、部分用アイテムと全体的アイテムの2種類あります。部分的に使用する場合は、指先に少し取ってから、くすみが気になる部分に優しくトントンとなじませるようにしましょう♪

また、顔全体を明るくしたいという人は、手の甲にパール1粒ほどのせて指で一度薄く伸ばすようになじませます。その後に両頬・おでこ・鼻・あごにのせて、外側に伸ばすように使用してください。仕上げにスポンジで全体を整えることで、化粧崩れを防止することもできちゃいますよ!

無印良品 ベースコントロールカラー(イエロー)

無印良品から販売されているベースコントロールカラーは、サラッとしたテクスチャーなのがポイントです。伸びがいいので全体に薄く伸ばすようにするといいでしょう。ムラをカバーしながら明るい肌に仕上げてくれるので、肌のトーンアップにも◎。

また、肌が乾燥しやすい時期だと下地をしっかり使用することで、化粧崩れ対策にもなります。下地を使用することで保湿されて肌のカサつきもカバーしてくれるので、肌の乾燥で悩んでいる人にもオススメですよ☆

KO・GA・OH! コントアリングプライマー(イエロー)

花柄のパッケージが可愛らしいコントアリングプライマーは軽い塗り心地が特徴で、一塗りするだけで毛穴レスの立体顔にしてくれます♪イエローのコントロールカラーはくすみだけではなく、黄グマカバーやハイライトとしても使用できちゃいますよ!

商品名 コントアリングプライマー(イエロー)
(KO・GA・OH!)
価格 857円(税込)

顔の血色をよくしてくれるだけではなく、肌トラブルの原因にもなるくすみやシミ、クマをカバーしてくれるのは嬉しいですよね♪ブラシやパフを使用しなくても、指で肌にしっかりとなじませることができるので使い方も簡単です。

最後に

女性なら誰しもが肌をキレイに見せたいと思いますが、下地一つで肌の印象をかなり変えることができます。イエローのコントロールカラーは、最初に薄く全体に伸ばした後、くすみが気になる部分だけ部分使いするのがオススメです。

コンシーラーよりも色が濃く付かないため、自然とキレイで健康的な肌に見せてくれます。化粧が濃いとメイクも全体的に濃くなってしまいますが、下地でしっかりと肌を整えることでナチュラルメイクを楽しむことができそうですね!

SHARE

Copyright © HONEYbell All Rights Reserved.