女性が自分らしくトレンドを楽しむ

グリーン下地で赤ら顔を隠す!プチプラアイテム4選

Beauty
肌の赤みをカバーするのにぴったりなグリーンのコントロールカラー。赤色の反対色である緑色を赤みのある部分に部分的にのせることで、赤みを抑えながら透明感を出すことができます♪今回はオススメなプチプラ価格のグリーン下地をご紹介します。

赤ら顔をカバーするアイテム

顔の赤みをカバーするための重要なアイテムは、コントロールカラーとコンシーラーです。メイクの仕上がりだけではなく、メイクの持ちを左右するのは「下地」なので、肌の色ムラをコントロールカラーで整え、カバー力のあるコンシーラーでカバーしたい部分にピンポイントに使用すると◎!

スキンケア後、下地は1番最初に肌にのせます。下地が肌に合っていないとメイク崩れの原因にも……。赤ら顔をカバーするために下地を重要視しない人も多いかもしれませんが、1番重要なポイントといっても過言ではありませんよ☆

「グリーン下地」の効果は?

グリーン色のコントロールカラー下地には、赤身をカバーする効果があります。顔の赤みが強い方には、グリーンがオススメ♪グリーン下地は、赤みが気になる部分に部分使いするのが基本です。特にテクスチャーが固めのものほど、部分的な赤みを消す用途に適しています。

さん(@mipo.pink)がシェアした投稿 -

塗った部分が白浮きしやすいという特徴があることから、違和感が出ないように使う量を調節したり、特に赤みの気になる箇所に部分使いをするようにしましょう。

「グリーン下地」はこんな人にオススメ♪

グリーン下地は元の肌の色にも左右されやすいため、ブルーベースの人の方が肌になじみやすいです。イエローベースの人には、グリーン下地が合わない場合があるので注意しましょう!

赤みが強い箇所にだけ使用するといいでしょう。赤みを上手にカバーするためには塗りすぎないことも重要なので、指先に少量ずつ付けて使用するようにしましょう♪少しずつグリーン下地を肌にのせて、赤みを薄めていくようにするのがポイントです。

カネボウ メディアメイクアップベースS(グリーン)

カネボウから発売されているグリーン下地は、海洋性コラーゲンで肌をしっかりと保湿してくれます。また、CCクリームとして使用できるだけではなく、くずれを防ぐフィットパウダーを配合しているのでメイクのヨレを防いでくれます♪

商品名 メディアメイクアップベースS(グリーン)
(カネボウ)
価格 688円(税込)

嬉しいSPF27/PA++なので、メイクの下地としてだけではなく日焼け対策にもぴったりです♪肌を保護しながらキレイに見せてくれるのは女性にとって嬉しいアイテムですね!

ちふれ カラーメーキャップクリーム(グリーン)

ちふれのグリーン下地は、肌の赤みやくすみをカバーするだけではなく、ファンデーションの密着度を高めてくれるクリームになっています。薄く下地クリームをのばしてからファンデーションを塗ることで肌の保湿もよくなり、肌荒れ防止にもなりますよ♪

商品名 カラーメーキャップクリーム(グリーン)
(ちふれ)
価格 486円(税込)

なめらかにのびやすいテクスチャーが特徴で、塗った後も肌を保湿成分でしっとりと保ってくれます。ファンデーションを塗っても厚塗り感がなく、仕上がりに透明感がでるのがポイント☆

コーセー ELSIA 肌色コントロール(グリーン)

コーセーの下地はパープル・ベージュ・グリーンの3色展開になっています。自分の肌のカラーコントロールに合わせて色を選ぶことで、肌をキレイに見せてくれますよ!グリーンは赤ら顔をカバーしてくれ、プラチナムシャインパウダーで肌を明るく見せてくれます。

商品名 ELSIA 肌色コントロール(グリーン)
(コーセー)
価格 589円(税込)

SPF35/PA++でしっかりと紫外線対策もできますし、くずれ防止パウダーで皮脂を吸着しながら夕方までメイク崩れを防止してくれます♪塗りたての肌色補正効果をキープできるのは嬉しいですよね!

SUGAO シルク感カラーベース(グリーン)

SUGAOはナチュラルメイク派の人にオススメなコスメブランドで、塗った後のサラサラ感がとても心地良いのがポイント☆光を様々な方向に反射させるソフトフォーカスパウダーを配合しているので、毛穴をぼかしながら均一なシルク肌に仕上げてくれます。

商品名 シルク感カラーベース(グリーン)
(SUGAO)
価格 1,156円(税込)

肌に吸着しやすいので、顔全体にムラなくのばしてから毛穴が気になる部分には薄く重ね付けすると◎。テカリが気になる人にもオススメで、サラサラ感を長時間キープしてくれるのでメイク直しの回数も減りそうですね!

最後に

赤みを消すためのアイテムとして重宝してくれそうなグリーン下地。使用方法を失敗すると白浮きして見えてしまうこともありますし、元の肌の色によっては合わないこともあります。

元の肌の色がブルーベースの人は使用しやすいですが、そうでない場合はグリーン下地を赤みが強い部分にだけ使用するのがオススメです。イエローベースの人は、グリーン下地にイエロー下地を合わせて調節しながら下地を作るといいでしょう♪

この記事のキーワード

SHARE

Copyright © HONEYbell All Rights Reserved.