女性が自分らしくトレンドを楽しむ

混合肌を治すために必要な5つのポイントは?原因と対策も紹介!

Trouble
鼻はテカっているけど、フェイスラインは乾燥しがち。そんなふうに、乾燥肌とオイリー肌が混ざったような状態になってしまって、悩んでいる女性も多いのでは? 肌の部位によって皮脂量が異なるなど、タイプが異なる肌が混在している状態を「混合肌」といいます。肌タイプが混ざっていると、どうやってスキンケアをしたらよいのか、迷ってしまいますよね。そこで、まずは混合肌の特徴について理解した上で、混合肌になってしまう原因や、混合肌を治すための対策も紹介します。自分の肌がどのタイプかを把握して、タイプに合った対処を行っていきましょう。

混合肌とは?

「混合肌」とは、複数の肌タイプが混在する肌のこと。
肌の皮脂量(油分量)や水分量が、肌の部位によって異なる点が特徴です。

普通肌とオイリー肌、オイリー肌と乾燥肌というように、肌タイプが複数混ざっているケースが多いです。

  1. 普通肌 ……水分量と油分量のバランスが良い肌
  2. 乾燥肌 ……水分量と油分量が少ないため、乾燥している肌
  3. オイリー肌(脂性肌)…水分量と油分量が多いため、テカリがちの肌

ただし、医学的には「混合肌」という定義はありません。

混合肌の特徴

主にTゾーンとUゾーン、目元・口元で肌タイプが異なる女性が多いです。

<Tゾーン>

皮脂の分泌が多いため、オイリー肌になりやすい部分です。
オイリー肌になると、毛穴の黒ずみ、角栓が溜まるいちご鼻、大人ニキビ、化粧崩れが目立ちやすくなります。
過剰に皮脂が分泌されているなら、皮脂を取り除く必要がありますが、皮脂を取り過ぎてしまって、余計に肌状態が悪化する場合があります。
あるいは、バリア機能の低下から肌を守るために、皮脂を過剰分泌する乾燥肌の場合もありますので、肌の状態をよく見極める必要があります。

<Uゾーン><目元・口元>

皮脂の分泌が少ないため、乾燥肌になりやすい部分です。
乾燥による小じわ、乾燥で目立つほうれい線、くすみなどが現れてきます。乾燥でニキビができる場合もあります。

女性の肌は、体調やホルモンバランスの変化などでも変わります。
長期的に自分の肌を観察して、混合肌かどうかを確認してください。

混合肌になってしまう原因

なぜ、顔の部位によって肌タイプが異なる、「混合肌」になってしまうのでしょうか。
遺伝などの体質が原因とも言われますが、それよりも毎日の生活習慣やスキンケア方法によって、混合肌が進行してしまっている可能性が高いと思います。

もっとも大きな原因は、「間違ったスキンケア」です。
例えば、Tゾーンがテカっているからといって、刺激の強いクレンジングを使って、皮脂を取り過ぎてしまうと、さらに皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
メイクが濃い目の目元・口元のクレンジングが十分でなかったために、肌が荒れてしまうといったことも考えられるでしょう。

紫外線」も原因の1つです。
特にTゾーンは紫外線を浴びやすいため、紫外線から肌を守るために、皮脂の分泌が活発になります。
紫外線を浴びやすい部分と浴びにくい部分で、肌のタイプが異なってくるのは当然のことでしょう。

次に、美しい肌は「食生活」で決まるといっても過言ではありません。
食事でしっかりと栄養を補給して、肌に届けることができれば、肌の状態も良くなります。
栄養を気にせずに、自分の好きなものばかり食べていれば、肌の状態も悪化してしまうでしょう。

ストレスやホルモンバランスの乱れによって、肌も大きく影響を受けます。
肌のハリが失われ、乾燥しやすくなったり、ニキビができたりするなど、目に見えて肌が変わってしまいます。

そのほかの要因として、エアコンによる乾燥、喫煙、アルコールの摂り過ぎ、季節の変わり目なども挙げられます。
肌の状態は、外部からの刺激を受けて、常に変化するものなのです。
外部刺激から肌を守るために、しっかりケアしてください。

混合肌を治すために必要なこと

1

「保湿」にフォーカスした正しいスキンケア

混合肌は、乾燥している部分とテカっている部分でスキンケアを分ける必要がありますが、どんな肌質であっても、スキンケアの基本は保湿です。
乾燥しがちなUゾーンはもちろん、テカリのあるTゾーンも、洗顔後にしっかりと保湿しましょう。

スキンケアの流れは、

クレンジング・洗顔→化粧水→美容液→乳液・クリーム

の順番で行うのが一般的です。
その順を追って、見ていきましょう。

クレンジング・洗顔

混合肌のクレンジング・洗顔は、基本的に乾燥肌をベースとして選んでください。
オイリー肌の部分が気になるからといって、洗浄力の高いものを使うと、肌への負担も大きいため、乾燥肌の部位が余計に悪化してしまうことも考えられます。

アミノ酸系などの界面活性剤を配合した優しいクレンジング・洗顔料を使用すると良いでしょう。

  1. 肌への刺激に注意してできる限り優しく行う
  2. Tゾーンから初めて、Uゾーンは短い時間で行う
  3. 丁寧にぬるま湯(32~34℃)でクレンジング・洗顔を
  4. 時間は1分30秒以内を目安にスピーディーに

これらのポイントを抑えて、肌に優しくクレンジング・洗顔してください。

化粧水

水溶性の保湿成分で、保湿力の高い成分を配合したものを選びましょう。

<コラーゲン>
皮膚の真皮に存在し、肌の保水力のカギを握る成分です。
水分を抱え込んで、高い保湿力を発揮します。
混合肌の女性は、部分的に過剰な乾燥肌になることもあります。
コラーゲン配合の美容液で、肌全体の保水力を上げることが、肌の状態を良くすることにつながります。

<ヒアルロン酸>
網状構造のコラーゲンなどの隙間を埋める、とても重要な成分です。
ヒアルロン酸の保水力は、1gあたり6リットルと非常に高いため、コラーゲンとともにヒアルロン酸を配合しているものがオススメ。

そのほか、プロテオグリカンやエラスチン、トレハロースなどの保湿成分がプラスされていると、なお良いでしょう。

美容液

美容液も、保湿能力に長けているものを選んでください。

オススメの成分は「セラミド」です。
セラミドは細胞間脂質の一つで、細胞と細胞の隙間を埋めるために、非常に重要な役割を持っています。

皮膚では、真皮にコラーゲンが多く存在している一方で、肌の表面である「角質層」にはセラミドが多く存在しています。
セラミドを始めとする細胞間脂質の主な役割は細胞間の隙間を埋めて、外部刺激から肌を守ること。
セラミドは細胞間脂質の約50%を占める成分であり、多くの種類があります。
セラミド配合の美容液を選ぶ際には、人間の皮膚になじみやすい「ヒト型セラミド」が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

乳液・クリーム

化粧水と美容液だけでは、水分が蒸発しやすくなってしまいますから、乳液・クリームでフタをして、肌に水分を閉じ込めてください。

セラミドやシアバター、スクワラン、ワセリンなど、油溶性の保湿成分を多く含むものを選びましょう。

2

食生活

混合肌は、毎日の食生活がきっかけでなることもあります。
アルコール、高脂肪の食事、甘いもの……どれも体内で皮脂のもとになり、皮脂の分泌を活発にします。
ついつい摂り過ぎてしまいがちですが、食べる量に気を付けなければなりません。

バラスよく栄養素を摂れる食事が重要です。
炭水化物、たんぱく質、脂質の3大栄養素に加えて、ミネラル、ビタミン、食物繊維、フィイトケミカルといった栄養素をバランスよく摂ることが、混合肌の予防や改善につながるのです。

3

紫外線対策

紫外線ダメージは、ありとあらゆる肌悩みや肌老化の原因です。
もちろん混合肌でも、紫外線対策は必須です。
特にTゾーンは、紫外線を浴びやすいので注意しましょう。
Tゾーンで皮脂が酸化すると、肌荒れやくすみの原因になることもるので、Tゾーンの紫外線対策は入念に行ってください

また、紫外線ダメージから肌を修復する成分が「ビタミンC誘導体」です。
ビタミンCは、紫外線が当たることによって増えてしまう「メラニン色素」の働きを抑制してくれることで知られる成分です。
日焼け止めだけでなく、ビタミンC誘導体を配合した美容液を使用するのも良いでしょう。

4

乾燥対策

普段の生活ではあまり気にならないことでも、肌には刺激になることも。
すると、肌は自己防衛しようとして、Tゾーンが皮脂を過剰に分泌することもあるのです。

その例として、エアコンによる乾燥、季節の変わり目による乾燥があります。
乾燥から肌を守ろうと、皮脂の多いTゾーンが過剰に分泌してしまうのです。

自宅では、エアコンだけでなく加湿器を使ったり、濡れたタオルを干したりするなど、部屋が乾燥しないように心がけてください。
部屋の湿度は60%くらいが良いですね。

医療機関にかかった方が良い場合

混合肌は、肌のバリア機能がうまく働いていないことが多いため、外部からの刺激や、些細な変化によって、ニキビができやすくなっている状態と言えます。

ニキビができた時は、きちんとクレンジング・洗顔を行い、しっかりと保湿するなど、優しく肌をケアすることで良くなると思います。
ニキビケアにも保湿が効果的なのです。

ただ、ニキビが炎症を起こしていたり、化膿してしまったりしている場合は、セルフケアだけでは快方に向かわないでしょう。
ニキビがひどくなっている時は、皮膚科を受診して、治療を受けてください

また、ホルモンが大きく関連しているニキビでは、ホルモンバランスを調整することによって良くなることもあります。
こちらも、皮膚科で専門医に相談してみると良いでしょう。

「ニキビくらいで皮膚科を受診するなんて……」と思っていませんか?
ニキビは、立派な皮膚疾患の一つです。
大切な肌のために、専門医の力を借りて、なるべく早く治しましょう。

この記事のキーワード

SHARE

PAGE TOP
Copyright © HONEYbell All Rights Reserved.