女性が自分らしくトレンドを楽しむ

乾燥肌に関するアンケートでリアルな肌のお悩みや対策を調査!

Trouble
乾燥肌になると、肌がカサカサして、化粧ののりも悪くなるので、イヤですよね。乾燥肌に悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。そこで、全国の20〜39歳の女性2,204人を対象に、肌質に関するアンケートを実施。乾燥肌と感じる女性がどのくらいいるのか、乾燥肌に悩む女性にはどのような症状が現れ、どのような対策を行っているのか、調査しました。回答結果をもとにして、乾燥肌の症状を改善するためのポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

乾燥肌と感じている人は全体の30%!

乾燥肌で悩んでいる女性は、一体どのくらいいるのでしょうか?
自分の肌質が「乾燥肌だと思う」かどうか、全国の女性2,204人に聞きました。

<肌質に関するアンケート概要>

・調査日:2018年6月6日(水)~6月9日(土)
・分析対象:全国の20歳~39歳の女性
・調査方法:インターネット調査
・有効回答数:2,204人

「乾燥肌だと思う」と回答した女性の割合は30%
3人に1人が、乾燥肌との自覚を持っています。

肌質は大きく分けると、「普通肌」「乾燥肌」「脂性肌」「混合肌」の4種類があります。
乾燥肌とは、文字通り肌が乾燥していて、カサカサしている状態のこと。
水分が不足しているため、肌のうるおいが失われてしまっているのです。
また、皮脂の分泌が少ないため、肌の表面の水分が蒸発しやすくなってしまいます

健康な肌は、汗などの水分と皮脂が混ざり合ってできた皮脂膜で覆われています。
この皮脂膜が、天然の保湿クリームのような機能性を持っており、乾燥や細菌から肌を守ってくれているのです。
つまり、皮脂膜が少なくなってしまうと、肌の乾燥につながってしまいます

乾燥肌の要因は?

「乾燥肌」と感じている女性は、自分自身が乾燥肌になってしまう要因について、どのように捉えているのでしょうか。

<乾燥肌に関するアンケート概要>

※「肌質に関するアンケート概要」で肌質が「乾燥肌だと思う」と回答された方に調査しました。
・調査日:2018年6月22日(金)
・分析対象:全国の20歳~39歳の女性
・調査方法:インターネット調査
・有効回答数:112人

1番多かった回答は「ストレス」で53.6%、2番目は「睡眠不足」で49.1%でした。
毎日の生活でストレスを感じたり、睡眠不足が続いたりすると、乾燥肌になりやすいようです。
「季節の変わり目」「紫外線」「エアコンや暖房による部屋の乾燥」によって、乾燥肌を招いてしまうという女性も多いですね。
「その他」では、「生理前」「アトピー性皮膚炎」という回答もありました。

なぜ肌が乾燥するのかを大きく分けると、「間違ったスキンケア」「生活習慣」の2つが挙げられます。

間違ったスキンケア

洗浄力の強すぎるクレンジングや洗顔料を使ったり、肌をゴシゴシと強くこするようなスキンケアをしてしまうと、肌が傷ついてしまい、乾燥肌になってしまいます。
洗顔やクレンジングは、とにかく優しく行うこと
洗い過ぎにも注意です。

生活習慣

睡眠不足や喫煙、食生活、ストレスは、肌の保湿機能を低下させてしまいます。
とくに、女性がストレスを感じると、ホルモンバランスが崩れやすくなり、ターンオーバーの乱れや肌の水分量低下を引き起こし、乾燥や肌荒れにつながってしまいます。

そのほか、「季節の変わり目」「紫外線」「花粉」といった外的要因によって、肌の乾燥につながることもあります

乾燥肌の症状は?

敏感肌になると、女性の肌はどうなってしまうのでしょうか。
敏感肌の症状について、聞きました。

かゆみがある」という回答が57.1%で、ダントツの1位でした。
確かに、肌が乾燥してカサカサすると、かゆくなってきますよね。
2位以下は、「ヒリヒリする」「メイクのりが悪い」「赤くなる」「皮がむける」となりました。
ひと言で乾燥肌と言っても、人によって、症状はさまざまであることが分かります。

乾燥肌の症状がひどい場合は、皮膚科を受診してください
肌のかゆみがひどくなると、どうしても我慢できずに掻きむしってしまい、さらに肌の症状を悪化させてしまいます。
皮膚科で疾患と診断されるほど重度の場合は、ステロイドや抗ヒスタミン剤など、かゆみや炎症を抑える薬を処方されると思います。
軽度の乾燥肌と診断されると、化粧水やクリームなどの保湿剤や、ビタミン剤などの飲み薬が処方されます。

まずは薬でかゆみを抑えつつ、乾燥肌の改善に努めていきましょう。
先ほども書いた通り、乾燥肌の原因は「間違ったスキンケア」と「生活習慣」によるところが大きいです。
睡眠不足やストレス過多、偏った食事など、乾燥肌を誘発するような生活を送っているなら、その習慣を改善していくことが重要です。

乾燥肌の対策は?

乾燥肌や肌荒れなどのトラブルが起こってしまったら、女性の皆さんはどのような対策を施しているのでしょうか。

病院やドラッグストアで購入した薬を塗る」という女性がもっとも多いですね。
症状が悪化する前に、薬で抑えることはとても大切です。
その上で、「良質な睡眠をとる」ことで生活習慣を改め、乾燥肌になる原因そのものをつぶしていけば、乾燥肌になりにくくなると思います。

ただ、「特に対策はしない」という女性が、意外と多いことに驚きました。
対策をしないと、悪くなることはあっても、良くなることはありません。少しずつでも、できることから始めてほしいです。

乾燥肌の対策・予防として、まずは正しいスキンケアが重要です。
保湿成分を配合した化粧水やクリームを使用して、化粧水で水分を補ってからクリームや乳液で油分を補うケアを行いましょう。
肌は傷つきやすいですから、ゴシゴシとこすらずに、優しく扱ってください。

次に、生活習慣の見直しです。
肌の新陳代謝を活性化させるため、毎日の食事ではビタミンやミネラル、タンパク質を積極的に摂取しましょう。

自宅でも乾燥肌への対策ができます。
部屋の乾燥は、肌へのダメージにつながります。十分や湿度を保ってください。
エアコンの風が直接肌に当たることも、刺激になってしまいます。 また、入浴も大切です。洗い過ぎに注意しつつ、ぬるま湯につかってください。入浴後の保湿も欠かせません。

そして、「睡眠不足は肌の大敵」ですから、しっかり睡眠をとってください。
コットンなど肌触りの良い衣服や寝具を選ぶと、肌にも優しく、ぐっすりと眠れることでしょう。

スキンケア製品を選ぶポイントは?

乾燥肌への対策として、正しいスキンケアが重要と書きました。
女性の皆さんは、スキンケア製品を購入する時に、どのようなポイントを重視して選んでいるのでしょうか。

低刺激」が64.3%を占めて、圧倒的に多い結果となりました。
肌への刺激が少ない、優しいスキンケア製品を求めているのですね。
2位以下の回答を見ても、「無添加」「天然成分配合」「オーガニック」という声が多く、安心・安全なスキンケアをしたいとの女性の強いニーズが読み取れます。
「ヒアルロン酸配合」といった保水効果の高い成分を重視している女性も多いですね。

乾燥肌の女性は、低刺激のスキンケア化粧品を使用して、保湿を重視したスキンケアを行うことが大切です。
まず、化粧水や美容液で保水をしてから、水分を逃さないように保湿クリームや乳液でフタをするのが、保湿の基本です。
特に、洗顔後の肌は皮脂膜がはがれて、水分が急速に蒸発しやすい状態にあります。
洗顔後はすぐに、化粧水や保湿クリームをつけて、保水と保湿をしてください。

化粧水は、セラミドやヒアルロン酸など、保水効果の高い成分を配合したものを選びましょう。
保湿クリームは、セラミドやスフィンゴ脂質、水素添加レシチン、リピジュアなど、保湿力の高い成分を配合したものを選びましょう。

ただし、乾燥肌はデリケートな状態ですから、化粧品に配合されている成分が刺激になってしまうこともあります。
化粧品の全成分表示をよく確認して、アルコールなどの刺激の強い成分を配合しているものは避けてください

なるべく配合成分の少ない、シンプルな化粧品を選ぶことがポイントです。

乾燥肌向け化粧品の選び方(化粧水)
乾燥肌向け化粧品の選び方(乳液)
乾燥肌向け化粧品の選び方(美容液)
乾燥肌向け化粧品の選び方(洗顔料)
乾燥肌向け化粧品の選び方(クレンジング・メイク落とし)

この記事のキーワード

SHARE

PAGE TOP
Copyright © HONEYbell All Rights Reserved.