女性が自分らしくトレンドを楽しむ

一重さんをデカ目に見せるアイラインの引き方

Beauty
クールな目元が一重の魅力ですが、「もっと目を大きく見せたい」というのが悩みですよね。でも、大丈夫! アイラインをうまく使うことで、自然に“デカ目”に見せることができるんです♪ 誰でも簡単にできますから、すぐにチャレンジしてみてください。

NGアイメイクとデカ目に見せるコツ

一重の皆さん、二重の人と同じアイメイクをしていませんか?

そうすると、かえって目が小さく見えたり、きつく見えたりすることもあるので、逆効果になってしまうんですね。

また、一重さんが二重さんと同じように猫目メイクをすると……
二重さんはかわいい猫目になりますが、一重さんは歌舞伎役者のようなメイクになってしまうのです。
それはイヤですよね……。

次に、アイラインをしっかり見せようと思って、不自然に極太なアイラインを引いていませんか?
太めにアイラインを描くことは目を大きく見せるために大切なのですが、あまりに極太なラインだと、パンダメイクになってしまいます。

アイラインやアイシャドウを、濃い色でぐるりと囲むような“囲みメイク”も、逆に目を小さく見せる原因になってしまうのでNGです。

この引き方はNG!

  1. 二重の人と同じアイメイクをする
  2. 不自然に極太のアイラインを引く
  3. アイラインを濃い色でぐるりと囲む

それでは、どのようにアイラインを引いたら良いのでしょうか。

基本的に、アイラインは太めに引いてください。
アイラインがまぶたで隠れて見えなくなってしまっては、意味がないですから☆

続いて、目尻のアイラインを、実際の目よりも長めに引きましょう。
目頭から一筆で目尻までラインを引いて、描き終わりを少しハネ上げて、長めに描くと、キリッとした“デカ目”が作れます。

下まぶたの目尻側に、アイシャドウを塗ることもポイント。
自然に目力をアップさせて、優しい印象に仕上がりますよ。

また、一重まぶたの場合、アイラインがにじみやすくなるので、リキッドタイプを使うのがオススメ
リキッドタイプはシャープなラインを描きやすいので、目力を強調させやすいのです。

色は、黒よりもブラウン系が良いですね。
影をコントロールできるブラウンメイクは、目元に劇的に立体感をプラスできますよ♪

デカ目に見せるポイント

  1. アイラインは太め
  2. 下まぶたの目尻側にアイシャドウを
  3. リキッドタイプ、ブラウンのアイライナーを使う

“デカ目”アイメイクを動画でチェック!

一重さんのNGアイメイクと、デカ目に見せるポイントを頭に入れたところで、実際にどのようにアイメイクしていくかを見ていきましょう。

こちらのインスタグラム動画をご覧ください。

1

一重さんは、太めにアイラインを入れてください。
目尻にかけて太めにするか、黒目の上を太めにすると良いでしょう。
目を開けて、少しラインが見えるくらいが目安です。
まつ毛の間も、しっかり埋めてくださいね。

2

アイラインの下の下まぶた目尻側の三角ゾーンを、アイシャドウで埋めてください。
ペンシルを使ってうまくインラインを埋めることがポイント☆
ただし、囲みすぎると、逆に小さく見えてしまうのでご注意を。

3

これで、デカ目の完成です!

とくに、ブラウン系のアイライナーを使うと、やわらかい印象になるので、オススメですよ♡

商品名 インテグレート スーパーキープ リキッドライナー
価格 1,026円(税込)

繊細なラインも、くっきりしたラインも、自在に描けるリキッドライナー。
落ちにくい上に、にじみにくい。それなのに、通常のクレンジングや洗顔料で簡単に落ちるのが嬉しいところ♪

あとがき

難しいテクニックは必要ありませんから、誰でも簡単にできると思います。

逆効果にならないように気をつけて、ポイントをおさえれば、ナチュラルに目を大きく見せることができるでしょう。

アイプチに頼らなくても、ぱっちり魅力的な目を作ることができるんです!
むしろ、一重であることに自信を持てるようになりますよ♡

この記事のキーワード

SHARE

PAGE TOP
Copyright © HONEYbell All Rights Reserved.