女性が自分らしくトレンドを楽しむ

ダイエット中でもOK♡太らない夜食で空腹を満たそう

Diet
残業や徹夜での勉強などをしていると、どうしても夜中に小腹がすいてしまいますよね。しかし、ダイエット中だと、夜食を食べたくても気になってしまう人も多いはず。今回は夜中に食べても太りにくい、低カロリーのオススメな夜食を10個紹介♪

夜食にオススメの食品は?

身体のことを考えて夜食を食べるなら、低カロリーのものを選ぶようにしますよね。さらに、夜は消化の進みが遅くなることから、胃腸に負担のかからない消化のいいものを選ぶと◎。また、胃の負担を考えると冷たいものではなく、温かい食べ物を選んだ方がいいといえます。

人間の身体の多くは水分でできていますが、水分が多い食べものを選ぶことで少量でお腹を満たすことができます♪21時以降に食事をすると太りやすくなってしまうため、ダイエットにもなりそうなメニューを選ぶよう心掛けることが大事です!

腹持ちにはお米!ヘルシーなおでんも◎

①おかゆ

「腹持ち」というと、やっぱりお米ですよね!お米は腹持ち効果がありますが、カロリーが高めといった難点もあります。しかし、「おかゆ」にすることで、お米が水分を吸って膨らむので少量で満足できます☆

②おでん

ヘルシーな夜食としてオススメなのは「おでん」です。おでんだと野菜や魚類が摂れるだけではなく上手に組み合わせることで低カロリーに☆しらたきを選べば低カロリーで歯応えもあり、量が少なくても満腹になることができます!

食べごたえがあって身体に優しいもの

③春雨ヌードル

夜食で食べるものは低カロリーなのはもちろん、食べごたえがあるものがいいですよね。お腹が満たされないと、結局他のものも食べてしまう可能性があります。そこでオススメなのが「春雨ヌードル」です!春雨自体低カロリーですが、噛むことで満腹感を得ることができます。

④豆腐

夜に食べるなら、身体にいいものを食べたいという人もいるでしょう。大豆はイソフラボンなどが入っているので肌にもいいといわれていますが、納豆や味噌ではちょっと……。湯豆腐にすることで、血行がよくなったり満腹中枢を促してくれますよ!

ポカポカ♪スープ類

⑤味噌汁

冬の夜食にオススメなのは、身体が温まる「スープ類」です。日本人がよく飲む「味噌汁」もその一つです。具材のバリエーションを変えられるので飽きがきませんし、味噌は発酵食品なので身体にもいいですよ♪

⑥コンソメスープ

スープ類は、具材のバリエーションが豊富な方が飽きがきませんし、野菜などを上手に摂ることができます。野菜を煮込むと煮汁に栄養分が出るので、「コンソメスープ」もオススメです♪コンソメスープに少し生姜を入れても身体が温まりますよ!

やっぱり甘い物がいいという人はコレ☆

⑦ヨーグルト

夜食のカロリーは気になるけど、「甘いものが食べたい!」と感じる人もいますよね。甘いものでも低カロリーの食べ物があります。腸内環境を整えてくれる「ヨーグルト」は、砂糖ではなく果物を混ぜても美味しく食べることができます☆

⑧ゼリー

ゼラチンを使用している「ゼリー」も低カロリーです!市販で販売されている蒟蒻ゼリーもいいですし、粉のゼラチンを用意していれば、自分の好きな味のゼリーを作ることもできます♪ゼリーはよく噛んで食べることで満足感がありますよね。

果物でも満腹感が!

⑨バナナ

果物の甘みは身体に優しく、甘いものを食べたという満足感を得ることができます。甘みが強い果物でオススメなのが「バナナ」です。バナナは手軽に食べやすいですが、1本でご飯茶碗一善分のカロリーがあるので食べ過ぎには注意しましょう!

⑩りんご

噛みごたえがある甘い果物でオススメなのは「りんご」です。りんごはサクサクとした食感があるため、よく噛むことで少量で満腹になります。また、甘いものを食べた感覚も強いので、夜食を安く済ませることもできそうですね!

最後に

夜21時以降に食事をすると太りやすくなってしまうのは確かです。しかし、脂質や糖質を抑えたものを選ぶことでカロリーが低くなり、太りにくくなるので低カロリーなものを知っているといいでしょう。

ダイエット中の食事は、高タンパク質で低カロリーな肉・魚・卵・大豆をメインに摂取することが多いですが、夜食も同じことがいえます。カロリーだけを気にせずミネラルや鉄分など、栄養素を考えたものを選べば身体にも優しく、太りにくくなりますよ♪

SHARE

PAGE TOP
Copyright © HONEYbell All Rights Reserved.